日本人同士で固まらないことの重要性について、
話をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

日本人同士で固まる日本人

どういうわけか、
日本人は海外旅行に行けば、
同じ日本人同士で固まる癖がある。

まあ、
同じ日本人で固まっていれば安心する気持ちはわかるが、
ハッキリ言ってそれは勿体ない。

せっかく海外に行ったのであれば、
現地人
もしくは海外の旅人と絡むべきである。

その方が、
経験値も積めるし、
単純に海外の人と話をした方が楽しい。

英語を使う機会にもなるだろう。

海外旅行ではトラブルがあってなんぼ

海外旅行では、
トラブルはつきものだ。

が、
トラブルがあってこそ、
海外旅行だろう。

日本人同士で、
固まっていると、
このトラブルに見舞われる頻度が極端に少なくなる。

何かトラブルにあっても、
同じ日本語を話せる日本人がいれば、
安心感が違うし、
友達や知り合いなどが助けてくれる可能性が高くなるからだ。

何度も言っているが、
トラブルに合った方が、
後々会話のネタになりやすいし、
経験値も積むことが出来る。

日本では出来ないような経験をしに、
海外に行っているのだから、
積極的に日本では出来ない経験をするための環境を作るべきだろう。

何のために海外に来たの?

これは、
個人的にすごく感じるのだが、
そもそも日本人同士で固まって、
何が楽しいのかと思う。

それって、
海外ではなく、
日本と変わらないのでは、とも思う。

まあ、
景色や観光などを楽しむだけなら、
それはそれでいいかもしれないが、

やはり海外まで来たのであれば、
せっかくなのだから、
現地の人とふれあってこそ
海外旅行が輝くのでは、と個人的には思う。

とにかく日本人で固まらない

とにかく、
海外に行ったときは、
日本人で固まらず、
積極的に海外の人と絡むべきだ。

現地の人でもいいし、
海外に来ている、
ほかの国の旅行客でもいい。

そのほうが、
経験値が違うし、
何よりも本当の旅の醍醐味を楽しむことができる。

確かに、
日本人同士で一緒にいれば楽だ。

言語なども気を遣う必要もないし、
文化もおなじなので、
安心する気持ちはわかる。

しかし、
せっかく海外まで来ているのだから、
日本人とは話さずに、
海外の人と話すべきだろう。