あなたが今現在、
学生であるならば、
間違いなく海外旅行に行くべきである。

スポンサーリンク

学生の特権

学生には、
社会人には無い特権がある。

それは、
時間があるということである。

勿論、
学生でも忙しい人はいるし、
社会人でも時間がある人はいるが、
一般的には、
学生は時間に恵まれている。

特に、
文系の大学生などは、
時間が腐るほどあるのが現状だろう。

そんな学生こそ、
海外旅行に行くべきである。

学生時代に世界に触れる

今は、
グローバルな世の中である。

インターネットの普及により、
気軽に世界と繋がることが出来るようになった。

そんな時代だからこそ、
実際に海外に行き、
現地に触れるということが大切である。

実際に、
海外に行くことと、
日本の中から海外を見ていることでは、
天と地程の差がある。

特に、
我々日本人は、
島国ということも有り、
かなり排他的なものの見方を、
テレビや新聞、雑誌や義務教育などによって、
押し付けられてきた。

世界地図が、
日本が真ん中にあるのは、
日本だからであり、
他の国では自国が地図の中心にある。

知らず知らずの内に、
日本化された考え方、
目をして、
世界を見てしまっている。

海外に行けば、
いかに自分が色眼鏡をつけて、
世界を見ていたかがわかるだろう。

就活に活きる

海外旅行は、
人間的にも成長する。

更に海外旅行の経験は就活などに活きる。

やはり、
海外に行っているという経験値や、
海外旅行でのトークなど、
海外旅行に行っていれば、
いろいろと幅が広がり、
就活に活きる可能性がある。

更に、
語学力なども、
習得していれば、
更に就活などでは有利になるだろう。

結論、迷っているなら行け

結論、
少しでも迷っているなら、
海外旅行に行くべきだと思う。

学生は時間が無限になるので、
せっかくならその時間を有効活用すべきだと、
私は思う。

旅行費用も、
ちょっと本気でアルバイトをすれば、
1カ月くらいで、
稼ぐことが出来るだろう。
(勿論、場所による。)

若いということで、
海外に行ってもある程度無茶は許される。

年齢を重ねてからでは、
出来ないような経験も、
若いということで、
意外に出来たりするものだ。

私も学生時代に、
海外旅行に一人で行ったが、

行って良かったと、
今では心の底から思っている。

もし、
海外旅行に行こうかどうか迷っている人は、
是非勇気をもって、
あなたが理想とする国へ、
行かれたらと思う。